ヨシ、国際離婚して日本へ帰ろう。

アラフォー子無し女子、10年のアメリカ結婚生活に終止符を打ち、日本へ帰国する

オーディブルのダブル使い

ここ2年ほどで読書量が格段に増えました。

離婚して帰国し、一人の時間が増えたというのも理由の一つではありますが、いろんなことで苦しい時にどこかに答えを見つけようと本に向かったことが大きかったと思います。

 

本って、誰かが貴重な経験から得た知恵を、活字を読む(聴く)ことによって得られるので、本当に素晴らしいなと思います。これまでいろんな本に随分と助けられたりヒントをもらったりしてきました。

 

すごい時代になったもので、クリック一つで瞬時に本がデバイスにダウンロードされます。しかも海外の作品も一瞬で手に入るのです。これは本当に便利!

 

通勤は毎日のことで、往復の時間を合わせると1時間半ほどあります。1週間にすると7時間半、ほぼ丸一日の就業時間に等しい時間!この時間を有効に使わない手はないと、オーディブルの会員に2年ほど前からなっています。月額制で、一か月に1コインを獲得して好きな本を1冊ダウンロードできていました。返品もできるので、かなり重宝して使っていたのですが、今年の1月からルールが変わり、一か月1コイン制から、「聴き放題プラン」に変わりました。

 

聴き放題というと、制度改善のように聞こえるけれど蓋を開けてみると、聞き放題に含まれる本はもちろん決まっていて、これまではどの本でも1コインで月に1冊はダウンロードできていたのに、1月以降は自分の欲しい本が聴き放題に含まれていない場合は、月額とは別に欲しい本を購入するという制度に変わりました。

 

何となくそんな気はしていたのだけれど、実際に私のダウンロードしたい本は聴き放題に含まれていないことが多いことが分かりました。読みたい本は、フォローしている人のおススメからピックアップすることが多く、その8割ほどは英語の書籍だということも聴き放題に含まれていない理由かと思います。

 

じゃあオーディブルは解約して、読みたい本を随時購入するようにしようかなー、と思いながら、「まてよ、英語の書籍がダウンロードしたいなら、アメリカのオーディブルに入ればいいんじゃ?」と思い調べたところ、日本からでもアメリカのオーディブルのアカウントを作成すれば問題なく会員になれ、オーディブルアプリにダウンロードできることが分かりました。日本のクレジットカードでの支払いも大丈夫なよう。

 

じゃあ!ということで、オーディブルUSAに加入し、日本の方はそのうち解約しようかなと思っていたんですが、面白いことに気づきまして。

日本は限定本聴き放題システムで、アメリカは1コインシステムプラス限定本聴き放題(プレミアムプラスプランだと)。なので、読みたい本があると日本とアメリカの両方のサイトで一応見てみるんですが、本によってはどちらかのサイトの聴き放題に含まれていることが結構あるんです。これが意外と便利で、英語の新刊だとどちらの聴き放題にも含まれていない場合が多いので、アメリカのコインを使って、新刊じゃないものは、どちらかで聴き放題に含まれていることが多いので、両方を維持しておくと、月額合計3000円くらいで日英語両方の本が何冊も読めてしまうといううれしい事実が。

 

最近もこの本が読みたくて、本当は活字で読みたかったのでキンドル版にしようかと思って調べてみると、

 

オーディブルUSAだと1クレジット

f:id:HelloSunshine:20220409193949j:image

 

 

でも、オーディブルJAPANだと聞き放題タイトル

f:id:HelloSunshine:20220409193939j:image

 

なので、日本版オーディブルでダウンロードしました。

 

ちなみにアプリではログインの際に国を選ぶことができ、購入したばかりのタイトルは購入した国のアカウントでログインしないと初回は出てこないけれど、一度ダウンロードすると、どちらのアカウントでログインしていても、両国のオーディブルで購入した全タイトルがリストアップされるので非常に便利です。

 

いつもは圧倒的に倫理、思想系の本が多いのですが、これはカテゴリーがファンタジー。しかもものすごい高レビュー!すごく楽しみです。

 

読書って楽しい!